サイバーセキュリティ分野の研修について

セキュリティの現状と課題

政府関係機関や企業への標的型攻撃に代表される高度サイバー攻撃が多数発生し、多くの重要情報漏洩が発生している。

社会システムを支える重要インフラや、IoTシステムを標的、また踏み台にしての重大なダメージを与えるサイバー攻撃のリスクが高まりつつあり、増加傾向は今後も続くと想定される。

 

企業のセキュリティ対策と実情

セキュリティエンジニアが不足している。(経済産業省の2016年の調査では「20年に国内で19万3000人が不足」)

企業内でのセキュリティ教育カリキュラムが確立されておらず、個人、地域での格差がある。

 

サイバー攻撃の現状と対策に乖離があり、現在の企業のセキュリティ対策では、広域対策としては不十分である。

 

アライドシステムアカデミーでは、2種類の研修を開設しております。

 

「実践デジタルフォレンジック研修」詳細はこちら→

「実践セキュリティ管理研修」詳細はこちら→