受講履歴の管理

  • ATアカデミーでは受講者の受講履歴管理は、AT-LMSでサポートします。
    ATアカデミー研修を受講された方に対して受講後1年間、個人情報の管理が弊社LMS(AT-LMS)でサポートされます。
    AT-LMSの機能としては、
    ・受講履歴の閲覧
    ・受検結果の、詳細結果表示(レーダーチャート)
    ・コースマップ、ポートフォリオにより、いつ、どのぐらいの期間で資格を取得したのか表示し、受講者のモチベーションアップをフォローしていきます。

研修・試験結果(資格)を必要な時に、引き出せるLMSの提供

受講者は本情報を元に、受講済み講座の現状を把握できます。また、技術者を採用したいSIerでは、就業のミスマッチを低減するために本データを活用できます。派遣会社では、本データを新規の人財案件獲得に役立てることができます。

LMSの提供

ネットワーク分野のテキストの特徴

  • テキストの構成
    ATアカデミー研修のテキストは、実機演習を含むコースでは講義編、実習編の2部構成となっています。
    講義テキスト: 基本的にはRFC,IEEE等の国際標準に基づいて、ネットワークの機能を説明します。ベンダー独自機能は、その属性も明確にした上での解説となっています。
    実習テキスト; 講義テキストの章に対応した形で各種演習・設定内容を記載しています。 
    プロトコルの内容を学習し実機での演習を体験することで、確実なスキル習得を目指します。

NW研修