ATアカデミー研修

ATアカデミーとは、ITスキル標準(ITSS)に基づき設計した研修、および認定制度の総称です。

IT業界、教育業界等の有識者、国が設定するスキル標準、および該当分野の市場動向から、該当IT分野におけるプロフェショナルの人材像を設定します。

ATアカデミーが、研修・資格ソリューションを展開する際に基準としているのが、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)にて定義・メンテナンスされている、ITスキル標準(ITSS)です。

ITスキル標準
(IPA 「ITスキル標準 V3 概要編」より)

 

職種
ITスペシャリスト、ITアーキテクト、ソフトウェアDev.、ITサービスマネージメント

専門分野
Phase1 ネットワーク(Netwrok分野)
Phase2 セキュリティ(Cyber Security分野)
Phase3 基本・ミドル・応用ソフト

プロフェッショナルが有するスキル体系を洗い出し、そのスキルを習得するために必要な項目にブレイクダウンします。そのスキル項目をレベル分けし、各研修に割り振ります。これによって、構成される研修が体系化され、初級者からプロフェッショナルになるための総合研修マップとなります。

ネットワーク分野/セキュリティ分野のコースマップを示します。

受講される方は、各研修のスキル指標(大分類が研修内容に合致します)をチェックすることで、自分の職能がどの辺りに位置づけられるかを把握し、自分が受講すべきコースが明確になります。

各研修には、学習すべきスキル項目(スキル指標)が開示されており、受講者は自分のレベルをスキル指標と照らし合わせることで、コース選定ができる様になっています。

研修を構成するスキル指標について →

各研修には、Web試験が設置されており、いくつかの研修で受けた講義に基づいて、能力を証明する資格制度が用意されています。この資格は、必要に応じてアップデートされ、常に最新のテクノロジーを網羅します。

資格・Web試験について詳細はこちら →

受講者の方には、受験されたWeb試験・受講履歴の情報を提供しますので、弱点の補強等に役立てて頂けます。併せて、個人のスキル証明としての所属会社でのご使用も可能となります。

お問合せはこちら